よく利用するお店が決まっている時は

よく利用するお店が決まっているのなら、そこに提携されているクレジットカードがあるかどうかを確認してみてください。そこでもしもクレジットカードを発行しているようでしたら、私はそこでクレジットカードを作って利用することをおすすめします。何故なら、こうしたお店で発行をされているクレジットカードは割引率や付与ポイントの割合が非常に大きいからです。同じく利用するのであれば、色々と貰えるものは貰ってしまった方が良いですもんね。お店にもよりますが、中には消費税分くらいも割引をしてくれるものもありますので、これが意外と無視できないのですよ。もしもよく利用するお店で、こうしたクレジットカードを発行しているようであれば一考の余地がありますね。

楽天カードを利用したポイントダブル取り

年会費無料で楽天カードと言うクレジットカードがあります。楽天市場というインターネットショッピングで購入する際、キャンペーンやネットショップによっては、楽天カード決済で商品を購入すると、通常は購入金額の1パーセント分の楽天スーパーポイントが付与されるところ、3倍や4倍のポイントを付与されることもあります。楽天スーパーポイントは、楽天市場で1ポイント1円で利用できるので、貯めておいて損はありません。最近ではサークルKサンクスが楽天カードと提携し、Rポイントカードを発行していますが、これはクレジット機能のない楽天カードと考えれば良いでしょう。Rポイントカードでサンクスでポイントを付け、更にクレジット機能である楽天カードで会計をすれば、ポイント二重取りとなり、2パーセントの楽天スーパーポイントを獲得できるのです。

クレジットカードのHPでレシートポイント交換

契約しているクレジットカードのホームぺージには、いろいろなサービスが紹介されています。普段の買い物でレシートをもらいますが、そのレシートの画像とアンケートに答えるだけでポイントがもらえます。どのような買い物をしたのか、レシート内容を登録してもらうサービスがありますが、クレジットカードでもそのようなサービスと連携していることが多く、報酬としてポイントがもらえる仕組みです。とても簡単に登録できることや、アンケート内容も簡単なものなのでそれに答えるだけですから難しくはありません。普段、クレジットカードを使用してもらえるポイントの数十倍のポイントが加算されますので、できるだけ高ポイントにしてからプレゼントに交換するか、提携している別サイトのポイントとしてお買い物などに利用しています。

クレジットカードのデザイン。

クレジットカードって、どれもデザインがイマイチというかどれも無骨で同じような感じですよね。私は結構な頻度でカードを使う方なのでできれば可愛いデザインの方が、使うたびに楽しい気分になるのになあ、といつも思います。それで、先日友人と買い物に行って友人が支払いするときに使っていたカードがとても可愛いデザインだったので、「どこのカード?」と聞いたら、「エポスカードだよ」とのこと。エポスカードはマルイをよく使う人に有利なカードで友人はマルイをよく利用するので作ったそうです。そして、一番私の気になったカードのデザインですがなんと70種類以上もあるんですって!友人自身もどれにするか凄く悩んで決めたそうです。いつもお財布に入れておくカードですもの可愛いデザインはテンション上がるなあ!と思いました。

お得なクレジットカードは「目的」によって変わります

私は日常生活で主に2種類のクレジットカードを使い分けて使用しています。1枚目はメインカード、2枚目は還元率の高いカードです。1枚目は航空系のクレジットカードで、公共料金の引き落としや電話料金、高額の買い物はこのカードを使用しています。貯まったマイルで、毎年2,3回旅行をしています。他のクレジットカードに比べて還元率は高くありませんが、航空代金の高い時期でも貯めたマイルで旅行ができるので重宝しています。デメリットは毎年年会費がかかるので、旅行をしない人にとってはあまりメリットのないことです。2枚目のカードは鉄道系のカードで、これは対象のお店で、特定の時期に還元率が10%になるので、使用しています。通常時でも対象のお店ならば2%の還元率があるので、お店によって上記カードと使い分けをしています。1年に1度でも買い物をすると年会費がかからないのですが、対象のお店が近くにない方にはうまみのないカードです。目的や買い物の行動範囲で、お得なクレジットカードは変わるので、まずは「何の目的でクレジットカードを持ちたいのか」を意識して選ぶと良いと思います。

ネット通販からコンビニまで全部クレカで!

ネットでのショッピングや、街中のお店での買い物や食事など、ほとんどの支払いをクレジットカードで行っています。クレジットカード払いにすることで、ポイントが貯まる事がメリットの一つですが、それ以外にも、クレジットカード払いだと、支払いの明細を後からでも支出の内容が確認できるのがとても便利です。また、最近はコンビニでの\100ちょっとの小額の支払いでもクレジットカード払いにしています。小額なのでサイン等はもちろん不要ですから、現金で支払うのに比べ圧倒的にスピーディーに済みます。また最近はコンビニ独自のプリペイドカードがあり、そちらの方が色々特典が付いている事がありますが、その場合も、そのカードへのチャージをクレジットカードで行う事で、クレジットカードのポイント取得とプリペイドカードでのポイント取得をするという技を使う事ができます。消費者にとっては利便性が高いカード支払いはこれからも普及が進むことでしょう。

よく行く百貨店のクレジットカードは必需品

もう10年以上長く愛用しているクレジットカードがあります。それは、近くにある百貨店のクレジットカードです。クレジットカードで商品を買うだけでもポイントがつくのでお得ですが、カードを持っている人限定の優待や割引セールなどもあり、かなりお得に買い物することができます。年会費も無料ですし、本当にお得だなと思いながら使用しています。買い物をする時も現金だったら小銭を出したりするのが大変ですが、カードであればキャッシュレスでさサッとお会計できるのも良い点ですね。あと、カードのデザインもかわいいので財布に入れているだけでなんとなく幸せな気分になります。お得で便利に使えるので、これからも愛用していきたいと思っています。

カードブランドについて

海外でも使いたい場合、カードのブランドというのを少し気にしておくと良いかもしれません。カード発行の難易度が低い、ファミマTカード(クレジット)のブランドはJCBとなります。また楽天カードでもJCBで発行する事が出来ます。JCBは日本のカード会社であり、世界シェアは5位と非常に優秀な会社ですが、海外通販サイトでは使えない場合があります。例えば、ブリティッシュ・ブラスバンドの楽曲販売を行っているWorld of Brass Tunesですが、JCBを受け付けていません。普通の吹奏楽等と違い、CDの流通が少なく、また廃盤も多いブラスバンド業界ですので、これが利用出来ないのはかなり手痛いです。該当サイト等がPayPalをサポートしている場合には、PayPalはJCBを受け入れていますのでどこでも使えるのですが、そうでない場合には、VISA等の別のブランドのカードが必要になりますので、注意が必要です。

特定のクレジットカードでしか買い物ポイントがつかないお店が増えて残念です

近頃、クレジットカード払いで残念だと思うことがあります。それはスーパーで、そのスーパー専用のクレジットカードでしか買い物のポイントがつかないというお店が増えてきたからです。以前は自分のクレジットカードと一緒にスーパーの買い物ポイントカードを出すと一緒にポイントがついたのに、専用のクレジットカードか現金のみでしか買い物ポイントがつかなくなるお店が多くなりました。いくつもクレジットカードを作りたくないので、結局それまでもっていたクレジットカードを利用していますが、なんとなく損をした感じがして、お店から足が遠のいてしまいます。お店ごとに使うクレジットカードを分けていたら大変だし管理も面倒なので、本当に残念な制度だと思っています。

便利なクレジットカードの使い方

クレジットカードについては少額決済については、まだまだ店頭で申し訳ない、または、サインが必要なるのであれば面倒だという考え方があるかもしれません。かくいう私も以前はそうでした。しかし、今はそんなことはありません。逆にコンビニなどは現金の支払いよりも手続き具早いのではないかと思うほどです。さらに私の場合は、とにかくさまざまな支払いをクレジットカードにまとめています。その理由は二つあります。まずは何と言ってもポイントが貯まりやすくなることです。次には家計簿代わりになることです。公共料金や携帯電話の支払いなども含め、すべてクレジットカード支払いにしてしまえば、毎月どこでいくら支払っていたのか明確になります。